はじまりはいつも雨

不妊症のサラリーマンが、結婚生活や旅行、映画などの好きなことを書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回の記事で、不眠症の原因は自律神経の乱れが関係している、と書きました。



自律神経が乱れると、体に様々な不調が現れます。



頭痛、倦怠感、めまい、耳鳴り、不眠など。



俗にいう自律神経失調症ですね。



そういえば、僕はたまに頭痛もします。



学生の頃は無かったんですがね…。



自律神経の乱れは、交感神経と服交感神経が関係しています。



自律神経が正常な人は、日中は交感神経が活発に働いています。



そして、夜になると服交感神経が活発になり、眠くなります。



しかし、これが乱れると自律神経失調症に繋がるのです。





スポンサーサイト
不眠症の原因は生活習慣とストレスによる、自律神経の乱れが考えられます。


僕はシフト制の工場で働いてますが、昼勤と夜勤が交互にある(もちろん休日もあります)ので、生活リズムが狂った状態です。


夜勤は結構体にこたえますよ。


どうしても夜勤入りの日中は寝ないとキツイですし、かと言って夜勤中に職場でしっかり眠れるかは微妙なところです。


僕の職場にはなぜか仮眠室もありませんしね。


夜勤を1回でもやると生活リズムはすぐに狂うと思います。


実際、昨年数ヶ月の間日勤だけの仕事をしていましたが、その間眠れないと思ったことは一度もなかったですから。


仕事自体のストレスが大きいのも原因ですね。








突然ですが、僕は不眠症です。



社会人になってから、夜全然眠れないまま一睡もせずに、翌日朝から仕事をしたことが何度かあります。



経験したことがある方ならわかると思いますが、そのような日は日中襲ってくる異常な眠気と戦わなくてはならず、本当にキツイです。。



また、一睡もできないまではいかなくとも、途中で起きてしまう中途覚醒や、寝つきが悪いor早く目が覚めてしまうという不眠症特有の症状が見られました。



早く目が覚めて、その後も眠れないときは大抵、その日の午前中までは頭も回転してて調子があとや



で、眠れないからスマホをいじってしまい、余計眠れなくなる。。



まさに負のスパイラルです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。