はじまりはいつも雨

不妊症のサラリーマンが、結婚生活や旅行、映画などの好きなことを書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
左精索静脈瘤の手術は、妻と相談した結果、割とあっさり「やろう!」という運びになりました。


手術は年明け前の12月末でした。

術後は1週間ぐらい運動できないので、仕事と相談でしたが上手く休暇が取れました。


事前に言われた通り、陰毛を綺麗に剃り、いよいよ手術当日。

手術は京野アートクリニックという、品川にある不妊症専門の病院で受けます。


そこで、生まれて初めて点滴を打ちました。

いや~、点滴って痛いんですね。。今まで打たれた注射で1番痛かった。


点滴を打って割とすぐに手術に移りました。

メスを入れるのも初めてだったので、痛みの恐怖はありましたが陰部の左側に麻酔を5回ほど打つと、切っても何も感じませんでした。


左精索静脈瘤手術は、精巣内で血管の逆流を引き起こす原因となる太い静脈を糸で縛り、血液を正常な流れにする手術です。

僕の場合は、その血管が15本ほどありました。


約1時間後、手術は無事に終わりました。


年末年始、僕の実家に帰省した僕たち夫婦は、親に病気のことと手術のことを伝えました。


親も、息子の突然の告白にさぞかし驚いたことでしょう。

まさか、自分の子供が…という気持ちだったと思います。


僕自身も、症状を告げられたときは「まさか自分が…」と結構ショックを受けましたね。


だって、今まで生きてきてこれといった大きな病気や怪我もなく、健康体だった訳で。


それが、子供を産むという重大事にこんな病気が発覚したのですから。


(続く)
スポンサーサイト
(昨日の続き)


そのとき処方された漢方や、サプリをその後は飲むわけですが、一向に良くなる気配がありません。


そして先日、大田区にある東邦大学医療センターという病院に行き、詳しく検査してもらいました。


ズボンとパンツを下ろし、睾丸のサイズを測り、バーコードリーダーのようなもので睾丸のエコー検査をしました。


検査の結果、左側の睾丸部に精索静脈瘤が見つかりました。


これは静脈がうっ血して通常よりも太い病気です。そのせいで睾丸の温度が高くなり(体温よりも2~3℃低くないといけない)、精子がうまく作られないというものでした。


原因はわかりませんが、生まれつきの人もいるみたいです。


手術の費用ですが、入院だと保険がきいて約10万で日帰りだと保険がきかずに20万かかるみたいです。


日帰りの方が再発率が低いらしいので、とりあえず日帰りかなぁ?


ただ、日帰りといっても手術後1週間は安静にしておかなければならないので、仕事と相談ですね。


(続く)


皆さんお久しぶりです、とにーです。


最近めっきり寒くなり、もう冬来たの⁉︎って感じですが体調はいかがでしょうか?


いきなりですが手術をするかもしれません。


というのも、子供がなかなか出来ないのです。


僕たち夫婦は、今年の2月ぐらいから子作りをスタートしました。


けれど、半年ほど経っても音沙汰が無いので、まずは妻が不妊検査をしました。


結果は問題なしでした。


じゃあ原因は…俺??


当たりでした。


男性不妊を診てくれる病院に行くと、精子の数が少ない・動きも悪いということでした。


お医者さんから告げられたときは、かなりショックでしたね。


(続く)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。