はじまりはいつも雨

不妊症のサラリーマンが、結婚生活や旅行、映画などの好きなことを書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は僕の大好きなアメコミの話をしよう。


1番好きなのは、アメコミシリーズにハマったきっかけになったX-MENだ。


いつ、X-MENシリーズのどの映画を観てハマったのかは覚えてない。


次に好きなのはアイアンマン。


実は僕のHNのとにーは、主人公であるトニー・スタークから取っている。


次は格付けが難しいがマイティ・ソーかな?


キャプテン・アメリカやハルクには惹かれない。




DCコミックシリーズも捨てがたい。


これはバットマンvsスーパーマンでハマった。


なぜタイトルがバットマンが先にくるのか?


これは映画を見てなるほど、と思った。


バットマンて、今までよく知らなかったから悪人のイメージしかなかったけど、そうではなかった。




今の楽しみはアベンジャーズの映画「インフィニティ・ウォー」とDCコミックの「ジャスティスリーグ」だ。


どちらも色んなキャラクターが出てきてワイワイやるのが共通点。


そういえば、BvsSの上映時期もマーベルの「シビル・ウォー」と被ってたなぁ。



スポンサーサイト
左精索静脈瘤の手術は、妻と相談した結果、割とあっさり「やろう!」という運びになりました。


手術は年明け前の12月末でした。

術後は1週間ぐらい運動できないので、仕事と相談でしたが上手く休暇が取れました。


事前に言われた通り、陰毛を綺麗に剃り、いよいよ手術当日。

手術は京野アートクリニックという、品川にある不妊症専門の病院で受けます。


そこで、生まれて初めて点滴を打ちました。

いや~、点滴って痛いんですね。。今まで打たれた注射で1番痛かった。


点滴を打って割とすぐに手術に移りました。

メスを入れるのも初めてだったので、痛みの恐怖はありましたが陰部の左側に麻酔を5回ほど打つと、切っても何も感じませんでした。


左精索静脈瘤手術は、精巣内で血管の逆流を引き起こす原因となる太い静脈を糸で縛り、血液を正常な流れにする手術です。

僕の場合は、その血管が15本ほどありました。


約1時間後、手術は無事に終わりました。


年末年始、僕の実家に帰省した僕たち夫婦は、親に病気のことと手術のことを伝えました。


親も、息子の突然の告白にさぞかし驚いたことでしょう。

まさか、自分の子供が…という気持ちだったと思います。


僕自身も、症状を告げられたときは「まさか自分が…」と結構ショックを受けましたね。


だって、今まで生きてきてこれといった大きな病気や怪我もなく、健康体だった訳で。


それが、子供を産むという重大事にこんな病気が発覚したのですから。


(続く)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。